• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんがいる家庭では電動鼻水吸引器を持っておきたい

赤ちゃんや小さいお子さんは、風邪を始めとして色々な病気にかかりやすいものです。特に冬など空気が乾燥している時期は、いつも鼻水が出ているというお子さんも多いのではないでしょうか。大人であれば自分で鼻をかむことができますが、小さいお子さんの場合には上手に鼻をかむことができません。しかし、鼻水にはウイルスや細菌が沢山います。きちんと鼻をかむことができないと、ウイルスや細菌が耳に入り込んで中耳炎を発症してしまうことがあります。子供は耳の構造上、大人に比べて中耳炎になりやすいので、周りにいる大人が気を付けてあげる必要があります。特に赤ちゃんは、耳に違和感を感じていたり、痛みがあったりしてもそれを訴えることができません。中耳炎かもしれないと感じたら早めに医療機関を受診する必要があります。

鼻水の吸引は中耳炎の予防につながる

一度、中耳炎になってしまうと、完治するまで長い期間が必要になることがあります。悪化してしまった場合には、鼓膜を切開しなければいけないケースも出てきます。ですから中耳炎は、かかってしまう前に予防することが重要です。中耳炎を予防するには、風邪などを引いた際にウイルスや細菌がいっぱいいる鼻水を体の外に出してあげる必要があります。そんな時に便利なのが、電動鼻水吸引器です。電動鼻水吸引器を使用すると、家庭でも簡単に鼻水を吸い取ってあげることができます。鼻水吸引器には口で吸うタイプのものもありますが、それだと吸引力が弱く鼻水が鼻の中に大分残ってしまいます。電動タイプの吸引器であれば鼻水を吸引する力が強いので、しっかりと鼻水を体の外に排出することができます。

育児の負担を軽減するのにも有効

赤ちゃんは鼻に鼻水が溜まっていると、眠れなくなってしまうことがあります。風邪をひいた時は、ぐずったり夜中に泣いたりして、あまり寝られなかったというお子さんも多いのではないでしょうか。夜中に泣いている子供を見るのは、親としても可哀そうでとても辛いものです。あやしたり、なだめたりしても寝てくれないこともあります。
また、睡眠不足が続くと、日中も不機嫌になってしまうことが多くなります。親も一緒に起きていなければいけないので、子供と一緒に睡眠不足で辛いという状況も多くなり、ついイライラしてしまうことも増えます。
電動鼻水吸引器を使用することで、鼻がすっきりとして眠れるようになることもあります。睡眠不足を解消できるので、親の育児の負担も軽減することができます。