• このエントリーをはてなブックマークに追加

電動鼻水吸引器をお子様に使用するときのコツ

電動鼻水吸引器を購入される方は、お子様の鼻炎による鼻水に悩んでいることの解決策として、購入されていることが多く見られます。一般的にお子様の鼻は、大人と違って少量の鼻水でも詰まりが発生しやすく、カゼや鼻炎、アレルギーなどにおいて、とてもつらそうな状況となることが多いものです。 耳鼻科へ行くと鼻水を吸引をしてもらい、鼻の通りが良くなってお子様の元気が取り戻せたという経験をされた保護者の方も少なくありませんが、内科や小児科と異なり診察に時間のかかる耳鼻科は待ち時間も長く、なかなか気軽に受診できないということもあります。 そこで自宅でも簡単に症状の改善ができる電動鼻水吸引器の導入を検討して、購入に至ったというケースが増えています。使用方法にはコツがありますのでしっかりと確認しましょう。

使用上の注意を守って正しく使いましょう

お子様の鼻の状態を改善するためにきわめて便利な機器ですが、その使用方法をしっかりと守ることも重要です。誤った使用方法をしてしまうことでお子様の鼻の粘膜を傷つけることがあり、ケガの原因ともなります。お子様の鼻の状態は、保護者の方から見えにくいということもありますので、機器を使用の際には最初に取扱説明書にしっかりと目を通して、使用方法を確認しておきましょう。 また、使用後の洗浄についても気を配ることが大切です。吸い込んだ鼻水にはウィルスや雑菌が多く含まれています。継続的に使用することが多い機器ですので、使用後には洗浄と消毒をしっかり行うようにしましょう。特に複数のお子様で使いまわすという場合には、感染防止のためにもノズル部分の殺菌消毒は必須です。

小さいお子様に使用する場合の正しい姿勢

電動鼻水吸引器の上手な使用方法コツは、お子様の姿勢の安定にあります。0歳から1歳程度の自分で座っていることが難しい年齢のお子様の場合には、保護者の方がしっかりと両膝で挟んで身体を固定してあげること、仰向けの状態で優しく鼻の中にノズルを少しずつ差し込んでいくことが上手に吸引を行うためのコツです。急に嫌がって動いたり暴れたりすると危ないので、顔が動かないようにすることが大切です。 座っていることができる幼児期であれば、動かないということを言い聞かせることでお子様を前に座らせてノズルを差し込むという方法が可能になります。顔を挟むことが必要なくなる分、よりノズルの操作が容易になります。 鼻の穴に差し込んだら周囲の隙間を防ぐことで吸引力が高まり、鼻水がたまっているポイントにノズルが当たると、気持ちよく吸い込むことができるようになります。