• このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌がる子供には電動鼻水吸引器を

ある程度の年齢になると自分で鼻水を取ることができるようになりますが、小さな赤ちゃんには無理です。とはいえ赤ちゃんは基本的に鼻呼吸。その鼻が詰まってしまっていると眠ることもできずぐずぐず。赤ちゃん自身も、お世話するママの方も大変です。菌が繁殖して耳まで至ると中耳炎などの病気を発症することも。 病院で吸い取ってもらうこともできますが、何かと詰まりやすい子であれば鼻水吸引器を購入するようにしてください。手動のものもありますが、電動の方がメリットは大きいです。直接親が口を付けて鼻水を吸いだすという方法もあるにはありますが、それによってばい菌が親の方にも回って感染し、倒れてしまっては大変です。そのためあまりおすすめはできません。ガーゼや綿棒だと奥までは取れませんし、動き回る赤ちゃん相手には危険です。

電動鼻水吸引器にするメリットとは

やはり電動の方が手動よりも吸引力が段違いです。粘着質の強い鼻水までうまく取り除くことができます。すっきりが続くのでしっかり眠ることができ、子供もご機嫌になるでしょう。 電動鼻水吸引器ならスイッチさえ押せばあとは鼻の穴に入れるだけ。吸い出すという手間がない分、嫌がる子供相手でもやりやすいのです。操作も簡単なためもう少し大きくなったら子供が自分でやってくれるようになるはずです。赤ちゃん時代だけでなく、大人が花粉症やアレルギーの症状の緩和にも使用することができるため、決して高すぎる買い物とは言い切れません。鼻の症状が解決できれば病院に行く回数も減り、病院代の節約にもつながります。親が病原菌を口にすることは一切無いため、二次感染の危険性もないのです。

嫌がらずに使用できるようにするには

鼻に得体の知れないものを入れられるのですから、赤ちゃんは全力で暴れて嫌がってきます。とはいえ、吸引効果の高い電動の吸引器、使用することによるすっきり感に少しずつ慣れていくはずです。 とは癒えるようになるまでしばらく時間がかかるでしょう。たとえ嫌がっても赤ちゃんのため、躊躇無く続けてください。きれいに吸い取るためには深めにノズルを突っ込まなければならないときだってあります。そして頑張った赤ちゃんに鼻吸いが終わった後はしっかり抱きしめて愛情を示してやりましょう。 たとえ電動でも嫌がらずにというのは無理ですが、押さえつける時間を少しでも短く、しかもやりやすく・両親は移らないようにというならやはり電動の方がおすすめ。プラスアフターケアをばっちり行うことで少しずつその良さを分かってもらえるはずです。